Rising-k

December 21, 2014

 

Rising-kはU-15とU-12の2つのカテゴリーで小学1年生から中学3年生まで在籍しています。

 

【ジュニアU-12】

 

小学生はコーディネーションドリル※1を中心に運動神経とバスケットボールの基礎を伝えるように週1回の練習を行っています。

希望により、U-15の練習にも混ざって練習する子供もいます。

 

※1

小学生はゴールデンエイジと言われ、運動神経の発達が1番伸びる年代です。

コーディネーションとは、運動神経を鍛える運動です。

バスケットボールではディフェンスの動きに合わせてパスコースを選んだりドリブルで突破を図ったり、または攻撃に対して相手の戦術を見極め味方との連携を図りながらディフェンスをするなど、一瞬で状況を判断して、すばやく的確はパフォーマンスを行うことが求めらます。攻守の切り替えも頻繁で、他のスポーツに比べてもよりコーディエネーション力が求められる競技といえるでしょう。

 

 

【ジュニアユースU-15】

中学生は個人スキル&チームスキルを中心に練習を行っています。

コーディネーションと個人スキルとチームスキルとトレーニングを中心に練習してます。

中学生は高校へ行ってもバスケットを続ける子達が入部してます。

 

当クラブの育成方針

 

自ら考え行動できる選手を育成

 

 

Rising-kはスクールという形ではなく、クラブチームとして、個人とチームの両方で成長出来るクラブを目指しています。

 

現在は学校での部活動で専門の競技を指導出来る指導者が不足している門題と部活動の時間が冬場では時間が少ないという問題があります。

 

当クラブでは週6回の練習そして、日本バスケットボール協会公認Bコーチ資格を持ったコーチが指導しています。

 

週6回2〜3時間程度と短い練習時間をしっかり集中し、量より質に重きを置き練習しています。

 

当クラブは2種類のクラブ生がいます。

 

1、クラブでJBA登録し、試合遠征に参加する子

2、ミニバス、中学でJBA登録し練習のみ参加する子

 

 

部活所属してる子は部活を優先してもらい、当クラブで学んだ事を部活動で還元してくれる子

 

 

現在は部活動をやっていても、いなくても高校進学へは受験には影響ありません。

バスケットボール以外のサッカーのクラブチーム・野球のリトル・シニアなど部活動に所属していない子も高校へ進学しています。何名かは高校へ推薦入学しています。

 

※当クラブだけで、部活動所属していないRising-kの選手がU-16日本代表選考合宿1次に召集されました。

 

バスケットのクラブチームはまだまだ、チーム数も少なく認知されていませんが、当クラブに入っている選手は勉強とクラブを両立し、高校へも進学していますので、心配ございません。何人かはバスケ推薦をもらい高校進学しています。

 

 

中学3年生は部活動引退後は3月まで当クラブで一緒に練習出来ますし、試合もありますので、中学部活引退後に当クラブへ入部も歓迎しております。

 

横田基地にてトライアウトや、交流戦など、県外、県内中学校への遠征や、関東近郊のクラブチームとの交流戦を定期的に行っています。

 

 

 

 

                 

               短期アメリカ留学など子供の将来性を考え個人を尊重する考えを持って接しています。

 

 

 

             (シアトル短期留学)

 

                  ギャノン・ベイカー氏(米国)クリニック参加

 

 

 

 

Please reload

© 2023 by Ramblas FC. Proudly created with Wix.com

GET MORE FROM THE TEAM:

  • Instagram Clean
  • Facebook Clean
  • Twitter Clean